供給クラッシュ~全体破断状況にいかに対処すべきか(前半)

供給クラッシュ~全体破断状況にいかに対処すべきか(前半)

経済システムの広範囲に影響が及び、予測不可能な「クラッシュ型重大危機」に対しては、従来の対応策が十分に機能しない。発生する4つのクラッシュ - もの、サプライヤー連携、社内連携、指揮系統 - に的確に対応するためには、サプライヤーの事業継続計画(BCP)共有などの事前準備とともに、状況に対応した適正なコントロールを実現する仕組みが求められる。 大震災から10日ほど後、私は「生き残る判断、生き残れない行動」(注1) を読み返していた。邦題はやや大仰に思えるが、”THE UNTHINK...

記事を読む

供給クラッシュ~全体破断状況にいかに対処すべきか(後半)

供給クラッシュ~全体破断状況にいかに対処すべきか(後半)

Ⅱ. 4つのクラッシュ:もの・サプライヤー・社内連携・指揮系統 東日本大震災では、4つのクラッシュが発生したと考えている。もの、サプライヤーとの連携、社内連携、指揮系統(リーダーシップ)である。「もの」については、前述のように、製品に組み込まれる原材料から、副資材や電力供給まで非常に広範囲にわたる供給途絶が発生した。原子力発電所事故よる外国人の帰国ラッシュが発生し、日本全体で労働力が不足するという事態までが発生した。回復期間も長期にわたり、部材在庫を使い果たした4月中旬以降は、第2次の困...

記事を読む

ISM Conference 2011の概要

ISM Conference 2011の概要

フロリダ州オーランドで開催される「ISM's 96th Annual International Supply Management Conference and Educational Exhibit (第96回 ISM(Institute for Supply Management)年次総会)」の期日が近づいてきました。ISMのホームページには、すでにかなりの数のプレゼンテーション資料が登録され、状況を窺い知ることができるようになってきました()。 コンファレンスは15日午後~...

記事を読む

1 2 3