Blog"   調達購買関連 最新トピックス
購買コスト削減の優等生とされたクラフト・ハインツで購買領域の不適正会計発覚、25億円の決算修正-ブルームバーグ (2019-02-27)

世界第5位の食品メーカーであるクラフト・ハインツが、のれん代減損処理費用を154億ドル(約1兆7000億円)計上した四半期赤字決算を発表したことで、22日に株価が史上最安値を更新しました。その株価急落の一因に、購買領域での不適切会計の訂正による25億円のコスト増額もあげられています。

これは、原料やその他費用などの購買支出での「経理方針、手順、内部統制」に関する米証券取引委員会(SEC)からの指摘を昨年10月に受けて、社外弁護士も入れた自社調査を進めた結果、25億円のコスト計上の訂正に至ったというものです。

年間1兆円を超す購買支出があるクラフト・ハインツにとっては、25億円は微額ではないかとの見方もある一方で、徹底したコスト削減圧力がこのような不正の原因になったのではと、Forbesなどは指摘しています。

というのも、クラフト・ハインツは、ハインツ合併後に、ゼロベース予算(Zero-base Budgeting: ZBB)などの徹底したコスト削減策を全社的に導入し、特にサプライチェーン領域では低コスト・高効率サプライチェーンが確立したことで、巨額の利益増を達成した企業とみなされてきました。

特に購買領域では、低コスト国調達や電子オークション、内外製方針の見直しなどでベストプラクティスにあげられてきた企業でした。それがもしかすると、今後は「行き過ぎはろくな結果を生まない」の事例としても取り上げられる可能性が出てきています。

参考)
Kraft Heinz Plunges To Record Low Despite A Highly Efficient Supply Chain-Forbes
https://www.forbes.com/sites/stevebanker/2019/02/25/kraft-heinz-plunges-to-record-low-despite-a-highly-efficient-supply-chain/

SEC opens investigation into Kraft Heinz accounting-Financial Times
https://www.ft.com/content/bb32ac58-3628-11e9-bb0c-42459962a812

Kraft Heinz Divulges SEC Investigation, Swings to Loss-Wall Street Journal
https://www.wsj.com/articles/kraft-heinz-discloses-sec-probe-misses-earnings-forecasts-11550789493

Kraft Heinz under spotlight over procurement accounting-Accountancy Daily
https://www.accountancydaily.co/kraft-heinz-under-spotlight-over-procurement-accounting